読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一方的に書き連ねるブログ的なアレ

ここでの発言は個人のものであり、所属する団体、企業を代表するものではありません。 って言える企業を探し求めています。個人的なアレです。

不思議なその人

 

突然ですが、私はものすごい田舎に住んでいます。

 

 

見渡す限りの田んぼ。

 

森林が広がり、野生動物が道路に飛び出してくる。

 

 

地区放送では熊の出没情報が流される。

 

民家と民家の間の距離は少なく見積もって200m

 

 

 

そんな地域に住んでいます。

 

 

そして人口の八割は高齢者の方です。

 

 

 

たまに散歩をしているとこんな人に出会います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お爺さんなんだかお婆さんなんだかわからないお婆さんです。

 

 

 

不思議なもので、この逆のお婆さんなんだかお爺さんなんだかわからないお爺さんには出会ったことがありません。

 

 

 

 

文字だけで書いてみるとなにがなんだかわからないですね。

 

 

つまり、

 

 

「パッと見お婆さんなんだけど、もう一度見るとお爺さんで、よく見るとお婆さん」

 

 

です。

 

 

中性的な顔立ちと、華奢な体格、そして紫や赤やピンクなどの比較的明るい色の作業服

 

 

外見の特徴はこんな感じです。

 

 

そしてもれなく訛りがすごいです。

 

 

 

 

 

 

こういった人は田舎でしか見られないと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

 

 

 

 

私は今就職活動中です。

 

 

その中でたびたび東京に行っています。

 

 

都会のコンクリートジャングルを歩いていたり、電車に乗ったりしていると

 

 

 

 

 

おじさんなんだかおばさんなんだかわかないおばさん

 

 

を見かけることがあります。

 

 

ベリーショートの髪型をしている方が多いように思います。

蓮舫さんみたいな感じです。)

 

 

そしてこのパターンも、逆は見たことがありません。

 

 

おばさんなんだかおじさんなんだかわからないおじさん

 

 

 

インターネッツで女子高生おじさんなるかたが話題になりましたけど、ああいうのではないです。

 

 

 

 

 

 

 

今度の木曜日にまた東京に行くのでおばさんなんだかおじさんなんだかわからないおじさんを見つけて、

 

 

それを土産話に、お爺さんなんだかお婆さんなんだかわからないお婆さんにお話ししてあげようと思います。

 

 

 

 

就活頑張ります。